モンテッソーリ教育

Print

目的:子供の五感を養い、自立し責任感と他人への思いやりがあり、生涯学びつづける姿勢を持った人間に育てるため。

■ 日常生活の練習
洗濯物をたたむ事やボタンをとめるなど日常生活の様々な練習を通し、自分の生活を依存から自立へと成長させ、さらには精神的にも自立する心を育てます。

【用具の特徴】

・子どもサイズであること・色や形はっきりとして子供の興味をひくもの。Print

写真16

■ 感覚教育
モンテッソーリは、子どもは3歳から6歳の間に、視覚、聴覚、触覚、臭覚、味覚の五感が著しく発達する特別な時期があることに気付きました。感覚の発達は知的活動の基礎となるので、モンテッソーリ教育の中でも特に重要視されています。

【教具の例】

・数の数え方、時計の読み方など知的活動の基礎になる事を遊びながら学べる。

モンテッソーリ2

写真17