発達支援

発達支援

発達支援を必要とする児童は幼児期に現れ、何らかの理由で、育ちの過程で発達的なリスクを持つ子どもたちです。早期に気づいて、早期に支援することで、子どものIQが改善され、自閉症スペクトラム症のこだわりも軽減された報告もあります。大事なことは保育室の子どもの遊びを観察し、保育者が意図と目的を持って、積極的に関わる相互依存関係を築くことです。       ラリー・メストネック博士

名称未設定-1

りっしょう子ども園では発達支援教具導入し、一人一人にあった保育(幼児教育)を行っています。

Print