ページトップ

プロジェクト保育

園の活動内容

プロジェクト保育

認定プレート

ピラミーデ(ピラミッドメソッド)教育法とは?

オランダ政府教育機構Cito(旧オランダ王国教育評価期間)が開発した3歳から6歳までの幼児教育法です。
いくつかの小さなグループを形成した保育室の中で、子どもたちはテーマ性のある遊びが準備されたコーナーに分かれて保育を受けます。クラス集団に固定された従来の保育スタイルから、子どもが遊びのテーマ(課題)を自分で選択する時間帯を取り入れ、それぞれのコーナー設定と遊びの展開が短期と長期のカリキュラム(プロジェクト)に構成されています。
また、遊びのレベルが不十分な子どもに対する保育援助として、チューター(より専門性のある保育者)カリキュラムと、保護者へのカリキュラムが充実しています。
現在、オランダ(全国)、ドイツ(ビースバーデン)、アメリカ(ニュージャージー)にて、未来型の保育スタイルとして導入されています。また、日本の伝統的な行事や同年齢集団の保育との併用も考慮されたカリキュラムです。まさに幼児版アクティブラーニング。
詳しくは下記サイトをご覧ください。
NPO法人国際臨床保育研究所

基礎石

4つの基礎石

基礎石
基礎石

1・子どもの主体性 やってみたい
子どもの『やってみたい』と遊びに熱中する姿は、子ども自身を取り巻く環境が、安心感を持てる環境でなくてはなりません。その情緒的な安定感が子どもの自主的に遊びに向かう支えとなり、子どもは自ら遊びを探し始めます。

基礎石

2・保育者のサポート 働きかけ
保育者は子どもの権利・安心できる環境・情緒的な安定を保障します。保育環境には常に仕掛けをセットし遊びが広がるよう働きかけます。また、子ども一人ひとりの発達段階に合わせサポートを行います。これはクラス全体でではなく、一人ひとりの発達段階を踏まえた支援です。保育者も子ども同様に"学び""遊び"を止めません。

基礎石

3・ニアネス 愛着形成
子どもは家庭から園に場所が移ると不安を抱きます。これは家庭で求める密着型(甘えたい、寂しい)の愛着や親子間の安心から離れたことが要因です。ですから、家庭と園では子どもの姿や行動に違いが出ます。愛着も家庭と保育者とではまた然り。保育者は子どもたちと精神的な愛着形成から信頼関係を築いていき、寄り添うことで、初めて遊びに発展していきます。

基礎石

4・ディスタンス 冒険の始まり
保育者は一人ひとりの発達に対して見通しを立て、積極的な関わりで展開しています。支援方法は偏ることなく、個々に応じて変化するものであり、子どもが自己選択と自己決定できるよう促します。しっかり大人との信頼関係を築いた後、少し一人で探求や新しい遊びに一歩踏み出す、その時に保育者は距離感をとり、子どもの遊びを観察します。

プロジェクト保育

プロジェクト

【テーマ】色・形

色・形

6月中旬~7月中旬

【テーマ】

水

7月下旬~8月下旬

3~5歳児の保育では『プロジェクト保育』を行っています。
約1ヶ月ごとに設定された“テーマ”に沿って、遊びと体験を通し身近なものから抽象的なものの概念を主体的に学べるプログラムです。
「数」「色・形」「水」「衣服」など子どもにとって身近なものがテーマになっています。
1つのテーマを4週間かけ4つの段階に分けて進めていきます。

蝶々

1週目(方向付け)

テーマの方向付け・導入

2週目(見本を見せる)

テーマを示して保育者が主体となり遊びを導く

3週目(理解を広げる)

2週目で取り組んだモノを子供たちが主体となって 遊びを広げる

4週目(理解を深める)

テーマについてさらに遊びを展開し発展させる

花

“何を教えるか”よりも“何ができるようになったか”を大切に…

何気なく触れているもの、見ているものも、具体的に遊びに取り入れることで
“体験”から“学び”へとつながります。
わたしたちは決して“教える”ではなく “サポート役” “しかけ役”!
1か月のプロセスに子どもたちがどれだけ興味・関心を持ってくれるか…
たくさんの仕掛けや働きかけ、遊びを用意して活動します。

子ども1人ひとりの
「やってみたい」 「知りたい」 「楽しそう」
自分から進んで様々なことに興味を持ち、楽しく学ぶ姿勢を大切にします。

サークルタイム

サークルタイム

毎日の生活のスタートは“サークルタイム” 先生と子供たちが円で囲うように座り、保育者が子どもに視線を向けることにより、安心感がうまれ保育者や友だちの話を落ち着いて聞いたり、自分の気持ちを主体的に話すことができます。
子どもたちの“今日は何をするのかな?”のわくわく・どきどきの気持ちを大切に、保育者が一方的に話すのではなく、皆で顔を見合わせて対話したり、積極的に自分の意見を話す活き活きとしたコミュニケーションの時間です。
お互いの意見や思いを認めあう場にしたいと思っています。
聞くこと・思いを言葉で表現すること・互いに思いあうことでコミュニケーション力を育てていきます。

プランニングボード

プランニングボード

子どもたちが主体的に遊びを選択すること。そして子どもたちがその選択を意識して行うことが大切だと考えています。そこで3~5歳児クラスではプランニングボードを使用しています。
ボードにはその時用意されている遊びの写真やイラストが描かれています。そこに自分の名前のシンボルマークを貼ってから遊びに入ります。

大切にしています

大切にしています

(環境づくり)
・好きなことを選んで、じっくり取り組める環境づくり
“今”の子どもたちをよく観察し、“今”に応えてあげられるように…
・月のテーマのものが子どもたちの身近なところに隠れてます
どこに行っても“テーマ”に触れられるように…

(かかわり)
・“伝えたい”気持ちを十分に受け止めてあげること
話を聞いてもらえるからこそ、相手のお話が聞ける…ということ

その他の園の活動内容

プロジェクト保育乳児育児担当制モンテッソーリ絵画造形発達支援屋内・園庭 運動遊び英会話スイミング